【BMC】 やっぱり速いぞ TM01 !
by: 古谷野 穣治

2015ツールドフランスが日本時間の昨日スタートしました。

プロローグと呼ばれる1stステージは個人タイムトライアルです。

最速タイムを出した選手がマイヨジョーヌと呼ばれる黄色いジャージに袖を通すことができます。

出番があまりなく普段はあまり目立たない(?)タイムトライアルのスペシャリストがプロローグで活躍することを第一優先で走りました。

 

そのプロローグで優勝したのがBMCレーシングのローハン・デニス選手でした。

元アワーレコードの世界王者でタイムトライアルを得意としていて今後の活躍を期待されている若手選手です。

 

その選手が使用したのがBMCのTM01のバイクです。

今日はプロローグの優勝を記念して(?)TM01のポイントをご紹介しましょう。

 

P1120514.jpg

 

まずはハンドル回りです。専用のステムを使用しています。タイムトライアル・トライアスロンバイクで専用ステムと聞くとかっこは良いけどサイズが調整できない・・・、というものがほとんどだと思います。

しかしこのバイクはレゴブロックのような形状になっていてステムの長さからハンドルの高さまで設定範囲が広いです!タイムトライアルからトライアスロンまでカバーできるバイクなのです!

 

P1120515.jpg

そして、自分が気に入っているのがこのリアバッグの形状です。

他ブランドのTTバイクを見ると同じような形状のものはよく見かけますが、自分が知る限りではこのTM01が最初にこのような形状を採用したのではないでしょうか?

TM01が世に出てから4年ほどだちますがいまだに現行バイクにも通用できるスペックだと思います。

 

おい!ホイールをつけないままフレームを床に置いたらダメだろう!と思ったかた、ご安心ください(?)、

 

P1120513.jpg

 

スタッフ古谷野のバイクでございます(笑)。自分もこのバイクを非常に気に入っています。

 

昨日もTM01をご成約いただきました。2016モデルとしても引き続きラインナップ予定です。

ぜひこのかっこよくて使いやすいこのTM01をご検討ください。

 

 

2015/7/5 古谷野

前の記事へ

次の記事へ