【トライアスリート安田】【レースレポート】アイアンマン70.3セントレアSWIM編
by: 安田 一行

今回はSWIM編としまして。

SWIMの機材、ウェットスーツをご紹介します。

レースリザルト SWIM 1.9km  TIME(29:08)  エイジ順位10位 総合順位86位 100m/1:32ペース

 

SWIMは自分にとっては一番苦手な種目で ここでの出遅れでレースがダメになってしまうことが多かったので

なるべく早めに上がりたい種目です。

ここで使用したウェットスーツは

当社オリジナルの ANTARES/SEVウェットスーツ(オーダー)です

動体裁断を使用した唯一のウェットスーツで体の動きをサポートしてくれます。

また、SEVが呼吸や腰のサポート、肩周りをサポートします。

ゴムも非常に柔らかく胸の呼吸や動きをしなやかに動かします。

 

ちなみにこちら私はオーダーを使用していますが、オーダーとお値段が安く同じ素材を使用したつるしの2パターンを用意しています。

 

昨年同じコースのタイムは35:49の総合101位でしたので(潮の流れなどもあるので全く同じコンディションではないですが)

目標は30分位にしていました。

 先日のサプリメントのブログでは省いてしまいましたが

スタート前に グリコ エクストラオキシアップを摂取

スタート後の急激な心拍の上昇を抑え楽に運動することを可能にしてくれます

 

300人近く一斉スタート(エイジ3カテゴリー同時)で

第一ブイまでは大乱闘バトル選手権(笑) 

冷静に無駄な動きを省き泳ぎに専念します。

その後折り返し地点までは潮の流れが追いだったこともあり

なかなかばらけません、私の泳力がそこまで高くないのもありますが

ひたすら自分のフォームを意識して、集中力を持って、まっすぐヘッドアップしながら

スピードも一定で無駄の無いように泳ぐことを心がけます。

何回かバトルを仕掛けられますが、基本的には無視(これが一番効率いいです)

ただし一切後ろには引きません、ここで引いてコースを譲ってはだめです。

あまりにしつこく足をつかまれたりするときは 平泳ぎのキックを何発かすれば。。。

折り返し以降は潮が向かいになりばらけて非常に泳ぎやすかったです。

SWIMアップ後は第4の競技トランジッション

ANTARES/SEVウェットは脱ぎやすさも抜群、オーダーでは足のカットも選べます

トランジットを早くしたい方はふくらはぎのカットでのオーダーがおすすめです。

 

トランジット1はエイジで一番早くこなせました。

かなり楽に早く泳げバイクまでのRUNもすごい楽でした。

いつもSWIMをしてプールサイドをRUNの練習が効果あったようです。

トランジットエリアに多くバイクが残っていたことで精神的にかなり余裕が生まれました。

 

結果的にはSWIMが昨年よりかなり改善されたことでレース全体がプラスで進めることができたように感じます。

ちなみに普段プールで100m/1:30-1:35位で泳げているのでオープンウォーターでかなり効率よく泳げたようです。

 

今日はここまで次はBIKE以降を進めます。

 

2015.06.10  安田

 

 

 

 

前の記事へ

次の記事へ