【トライアスリート安田】【レースレポート】レースを支えたサプリメント達 Mag-on,グリコ
by: 安田 一行

ミドルディスタンス以上のトライアスロンでは

完走するだけでも途中の補給食はかなり重要になってきます。

さらに高いパフォーマンスを発揮するためにはしっかりと自分の用途に合ったものを

使用する必要があります。

私が今回使用したサプリメントを参考にしてみてください!

 

アイアンマン70.3セントレア

SWIM 1.9km-BIKE90km-RUN21km

まず、私が今までのレースでもかなりつりやすい体質でしたので痙攣対策が一番の重点課題でした。

 

その対策に

Mag-on

粉タイプを毎日約半年摂取し続けました。

マグネシウムは体内での生成が出来ない物質であり痙攣の原因にもなるので

常日頃から摂取する必要があります、Mag-ON 1日一包

もちろん当店で販売しています。

 

そして本番のエナルギー原と水分補給に

BIKE中の水分補給に

グリコ クエン酸&BCAA ボトル2本を用意

効果は適正な水分補給と運動しながらの体内の体力回復です

(今回は実際は気温が24,5℃と低くボトルは1本で足りてしまいました。途中エイド補給も0です)

そしてエナジー補給に

Mag-on ジェル

をBIKE中に8本(1本120kcal)梅味とグレープフルーツ味でさっぱりとして飲みやすいのも特徴です。(もちろん茅ヶ崎で販売中)

これを選んだ理由は先ほどの痙攣対策、飲みやすさ、そして内臓があまり強くないので固形食はきついので

ジェルで摂取、また普通の方たちに比べ燃費が悪いので多めのエネルギー摂取が必要なためこの量に

なりました。

 

正直これでも若干少ないかと思いましたが、気持ち悪くならなかったので適量だったと思います。

 

RUNではMag-onジェルをトランジッションで1本 手にもう一本もって走りましたが、気温のおかげか途中で摂取する必要はありませんでした。

ちなみに水分補給もコップでエイドで3回程度、基本は体にかけるだけでした。

 

結果的にかなりBIKEは序盤からハイペースで踏みRUNもハードなコースを駆け抜けましたが

痙攣は全く起こらず、対策通りのレースを行えました。

 

サプリメント、補給に関してはかなり成功したレースになったと思います。

トライアスロンやそれ以外の自転車競技などで痙攣に悩まれている方は

ぜひMag-on試してみてください 効果は出ます。

もちろん継続的に摂取する根気は必要かもしれませんが

このようなエンデュランス系スポーツをされている方たちにとっては苦ではないでしょう。

 

2015.6.9 安田

 

前の記事へ

次の記事へ